あかぎれ予防・対策【水仕事】に必要な4つの方法!

あかぎれは水仕事の大敵ですよね。

「痛い」「しみる」「かゆい」「ゴワゴワする」といった症状があらわれることは、とっても苦痛です。

あかぎれ akagire

でも、「水仕事を休むこともできないから」と諦めていませんか?

「あかぎいれ」を予防するための対策法が4つもあるんです。

アナタのあかぎれを早く治して、予防できる対策方法で痛みから解放されましょう!

 

あかぎれ予防・対策【水仕事】に必要な4つの方法!

あかぎれ akagire

あかぎれは、肌の乾燥が引き起こしています。

肌寒い季節になると空気も乾燥し、もともと乾燥しやすい手足は乾燥しやすい環境になります。

 

そんな時に、水仕事を頻繁に行うことで「手足」が冷え、水分が奪われていきます。

どんどん乾燥していくお肌はバリア機能が低下し、硬くゴワゴワするようになってしまうのです。

こういった症状は「保湿」をすることと、「刺激」となる水に触れないことが大切。(→あかぎれはなぜ発症するの?繰り返す、そのメカニズムとは?)

 

では、具体的にどんな方法があるのか、4つご紹介します。

 

1 ゴム手袋をする

あかぎれ akagire

水仕事の際に「ゴム手袋」をするとことによって、お肌を刺激から守ることができます。

 

乾燥しているお肌が水に触れることで、より乾燥を招くことになります。

また、水に触れて肌が冷えると、肌のターンオーバーの低下にもつながるのです。

それは、お肌の生まれ変わりが遅くなるということ。

 

お肌は乾燥している上に、肌の生まれ変わりまで遅くなると「あかぎれの改善」は遅くなる一方です。

肌を刺激から守り、ターンオーバーを改善するためにも「ゴム手袋」で保護することがとても大切!

まだあかぎれになっていない部分のためにも、ゴム手袋で予防しましょう。

 

ただ、ゴム手袋に負けて荒れてしまうことも・・・

ゴム手袋に負けてしまう場合は、綿の手袋をはめて、その上からゴム手袋をはめましょう。

そうすることで、ゴム手袋の刺激からもお肌を守ることができます。

 

2 液体絆創膏を使う

ゴム手袋を使うって言っても、ちょっと面倒だと感じる方もいらっしゃると思います。

私もその一人です。(笑)

でも、傷口に水がしみていたい・・・

 

という症状は改善したいですよね。

そんなアナタや私にピッタリなのが「液体絆創膏」です。

液体絆創膏は、傷口にマニキュアを塗るように塗るだけで、傷口を完全に密閉してくれます。

 

 

そのため、傷口に水が触れることがないので、痛みからサヨナラすることがでいます。

防水になっているので、料理やお風呂などに支障もなしです♪

液体絆創膏の上から、100円ショップなどで買った絆創膏を貼っておくだけで完璧に痛みを予防できます。

 

ただし、あかぎれの予防にはなりません。

予防をするためには、きちんと保湿をしましょう。

 

 

3 キズパワーパットを使う

 

 

液体絆創膏ほどの保護力はありませんが、キズパワーパットも有力な助っ人です!

しっかりとした密閉力もあり、傷口の回復を助けてくれます。

 

それに、通常のカットバンと違う点は「自然治癒力」を高めてくれるところ。

私たち人の持つ自然の治癒力を引き出し、できるだけ早く回復するよう助けてくれます。(→より詳しいキズパワーパットについてはコチラ)

 

4 ハンドクリームの使い分け

あかぎれ akagire

あかぎれの進む手は乾燥が激しく、「ハンドクリーム」での保湿はとっても大切です。

でも、水仕事のたびにクリームを塗るのは面倒だし、クリーム代にお金がかかりすぎるよ~!

という方も多いですよね。

 

そこで!!

水仕事の後にもきちんと保湿をして、それでもお金をかけない!という方法があります。

それが昼間と夜に使うクリームを使い分けること!

 

日中の水仕事をする間は、安くてコスパの良いハンドクリームを使います。

水をはじき、保湿能力の高いものが理想的です。

 

夜には少し高めの価格でも、保湿のための有効成分が多く含まれたものを利用します。

夜の寝ている間にしっかりとお肌を回復させ、日中のダメージから回復・改善させるのです!

この方法をとることで、コスパも良くなるうえに、回復も早くなります♪(→具体的にはどんなクリームを使うべき?)

 

あかぎれ予防・対策で【水仕事】も快適に!

あかぎれ akagire

きちんと「あかぎれ」予防や対策をすることで、水仕事も苦痛じゃなくなる日が来るかもしれません。

冬でも「乾燥」しないように、保湿や予防グッズを使うことでそれが可能になります。

 

アナタの生活や体質に合った予防方法を、できるだけ継続してみましょう。

あかぎれの症状がひどい場合は、できるだけ早めに病院で受診することもおススメします。

市販のものよりも、有効成分が多く含まれているものを処方してもらえます。